製品紹介

FEWOOD

木造建築物に対する耐震ブレース工法【フェウッド(FEWOOD)】

居住空間への影響(採光・空間)を最小限に抑えて効果的な耐震補強を実現!新築に!耐震リフォームに!
 
 
 
 
〇フェウッドが使われるのはどんな時?
・もっと採光を増やしたいが、(耐力)壁を減らせられない。
・壁量が足らないが、開口部を減らしたくない。
・リビングとキッチンに一体感を持たせたいが、(耐力)壁がある。
こんな時にはフェウッドをご検討ください。居住空間への影響を最小限に抑えながら、採光・空間的な悩みにお答えします。
水平構面の補強にもご使用いただけます。(認定外使用)
 
 
 
 
 
〇カラーバリエーション
(ベーシックカラー)ブラック・シルバー・ツートン
(ナチュラルカラー)けやき・杉・黒御影
 
木目調・石材調・塗装・メッキと様々なカラーバリエーションをご準備。
価格面・意匠面からも居住空間に適したカラーをお選びいただけます。魅せる金物として、お住まいに適したカラーをお選びください。
 
 
 
〇性能
金物本体の特殊リブと専用コーチスクリューにより、コンパクトブレースの性能を最大限に引き出します。
施工性の良さも特徴の一つで、ホールダウン金物との併用が可能。
※弊社のコンパクトブレースは、建築用ターンバックルとして、(財)日本建築総合試験所での引張試験
 報告書等に 基づいて性能評価を受け、建築基準法第37条二号における国土交通大臣の認定を取得し
 ております。従って、建築物に使用できる「指定建築材料」として安心してご利用いただけます。
 
 
 
 
〇基本的な接合例
フェウッドの取付には、専用コーチスクリューM6×85㎜を柱方向に4本、梁・土台方向に4本ご使用ください。
(2P用の場合は、柱方向に5本、梁・土台方向に5本ご使用ください)
 
 
 
 
〇直行時の接合例(認定外)
直行箇所などの接合には、ボルト接合穴にて、M12通しボルト(市販品)を柱方向、梁・土台方向に各2本(計4本/箇所)ご使用下さい。
 
 
 
 
〇工夫が盛りだくさんのコーチスクリュー
細くて長い形状の二条ネジで、下穴いらずで施工できます。
(堅木の場合はΦ4の下穴を開けてください)
※先端には木割防止の工夫。
※フランジ付きで座金不要。
※余裕のある掴み代。
 
 
 
 
〇国土交通大臣認定品
・1P用(柱スパン910mm)たすき掛で壁倍率3.1倍
 [申請内容]筋交い軸径Φ10.7/ねじの呼びM12/たすき掛け/コーチスクリュー留め/柱スパン910㎜
・2P用(柱スパン1820mm)たすき掛で壁倍率3.3倍
 [申請内容]筋交い軸径Φ10.7/ねじの呼びM12/たすき掛け/コーチスクリュー留め/柱スパン1820㎜
※性能は一般的な耐力壁と比べても遜色ありません。
 

港製器工業株式会社 建築・ブレース事業

  • お気軽にお問い合わせくださいtel.072-678-5235
  • メールフォーム